利用規約

この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は、トリガーフィットネス(以下,「本クラブ」といいます。)が提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。
会員の皆さま(以下,「本会員」といいます。)には,本規約に同意いただき,本規約に従って本サービスをご利用いただきます。

第1条(適用)
本規約は、本会員と本クラブとの間の本サービスの利用に関し適用されるものとします。

第2条(会員制度)
(1) 本クラブは会員制とします。
(2) 本クラブ入会に際し、本規約を承諾するものとします。
(3) 本クラブ入会に際し、所定の入会登録に必要な書類を提出しなければなりません。
(4) 本クラブの会員には、種類があります。内容については別に定めます。

第3条(入会登録)
入会希望者が本クラブの定める方法によって入会登録を申請し,本クラブがこれを承認することによって、入会登録が完了するものとします。
本クラブは、入会登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の申請を承認しないことがあります。また,その理由については一切の開示義務を負いません。
(1) 入会登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
(2) 必要な書類に不備がある場合
(3) 本規約に違反したことがある者からの申請である場合
(4) 刺青・タトゥー(疑似を含む)のある方で、当ジム内においてタトゥーの露出を 一切行わないことに同意できない場合。
(5) 暴力団関係者または反社会勢力関係者と本クラブが判断した場合
(6) 他人に伝染・感染する恐れのある疾病を有していると本クラブが判断した場合
(7) 未成年者で保護者の同意がない場合
(8) その他,本クラブが入会登録を相当でないと判断した場合

第4条(会員証)
(1)本クラブから入会が認められたものに対し、会員証を交付します。
(2)本会員は,いかなる場合にも、会員証を第三者に譲渡または貸与することはできません。
(3)本クラブ諸施設に入る際、会員証の提示を求めます。会員証を所持していない場合は、施設内に立ち入ることはできません。
(4)本会員は会員証を紛失した場合や盗難にあった場合には、速やかに本クラブにその旨を届け出の上、所定の再発行手数料をお支払いいただき、会員証の再発行を受けることができます。 なお、紛失または盗難にあった会員証については、届出後、利用を停止させていただきます。

第5条(入会金・会費・手数料およびその支払方法)
(1)本会員は,本サービス利用の対価として,本クラブが別途定めた入会金・会費・手数料を, 本クラブが指定する方法により支払うものとします。
(2)すでに納められた会費・事務手数料・入会金は、原則返還いたしません。
(3) 本会員は、本サービスの利用の有無にかかわらず、本会員契約に定める会費及び手数料を支払う義務があり、本クラブが定める手続きに従い、本クラブへ通知した退会月の月末までの 会費及び手数料についてはお支払いいただく必要があります。
(4) 本会員が利用料金の支払を遅滞した場合には、本会員は年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第6条(会費・手数料および利用料等の改定)
(1)本クラブは、別に定める会費・手数料および利用料等の改定を行うことができます。
(2)会費・手数料および利用料等の改定を行う場合、30日前までに本クラブの定めた方法で、 会員に告知するものとします。
第7条(諸手続き)
本会員が入会申込時に記載した内容に変更があったとき、速やかに変更手続きを行なわねばなりません。

第8条(禁止事項・禁止行為)
本会員は,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはなりません。 禁止行為を行った本会員に対し、入場の禁止または退場を命じることができるものとします。
(1)法令または公序良俗に違反する行為
(2)犯罪行為に関連する行為
(3)本クラブの施設・設備を故意に破壊する行為
(4)本クラブのサービスの運営を妨害するおそれのある行為
(5)大声を発したり、不適切な言動で他の会員に迷惑をかける行為
(6)医師などにより運動を禁じられている状況下での利用
(7)飲酒などにより施設利用が正常に行えない状態での利用
(8)施設内でのパーソナルトレーニング等々の勧誘行為
(9)その他,本クラブが不適切と判断する行為

第9条(資格停止・除名)
本クラブは、本会員が次の各号に該当するとき、会員の資格停止および除名することができます。
資格停止中の会員は、本クラブチェーンの施設は利用できません。また、会員は資格停止中であっても会費は支払わなければなりません。
(1)本会員・本クラブ従業員に対する迷惑行為を行ったとき
(2)本クラブ内における営業活動、宗教活動を行ったとき
(3)本クラブの目的に反する行為により、クラブの名誉・品位を著しく傷つけたとき
(4) 会費・手数料などを滞納し、本クラブからの催告に応じないとき
(5)第3条に違反している状態で、入会したことが判明した時
(6)本クラブの施設・設備を故意に破壊した時
(7)その他,本クラブが不適切と判断する行為を継続して行い、改善が認められない時
本会員が除名処分を受けたとき、本クラブは前納分あるいは既払分の会費・手数料・諸費用などの返還は行いません。

第10条(資格喪失)
本会員は次の場合、その資格を喪失します。
(1)退会
(2)死亡
(3)除名
(4)法人会員の場合、法人の解散
(5)本クラブを閉鎖した時

第11条(会員種別、コース変更、オプションの変更)
本会員の都合による会員種別の変更及びオプションの解約する場合、本クラブ所定の書面により手続きを行ったうえで、変更ができます。

第12条(退会)
(1)本会員が自己都合により本クラブを退会する場合、本クラブに対し退会を希望する月の前月月末までに本クラブ所定の書面により手続きを完了しなければなりません。電話・電子メー ル・FAXなどによる退会申請は受け付けていません。
(2)会費・利用料などが未納の場合、退会手続きは完了できません。当クラブ指定の方法により完納しなければなりません。
(3) 本会員の有効期限は退会希望月の月末とします。退会希望日が月の途中であっても、当月の会費支払い義務が発生します。日割りでの計算は行いません。
(4) 長期契約に基づき、すでに支払い済みの会費ついては、支払い済みの金額から正規の月会費に利用月を乗算したものを差し引いて、退会日から1カ月以内に所定の送金手数料を差し引 いたうえで、会員の指定する銀行口座・預金口座に返還するものとします。
(5) 本会員が自己都合により会費などを2カ月以上滞納した場合(クレジットカード決済ができない場合を含む)、自動的に退会とします。この場合の未納分について、本クラブ指定の方法により完納しなければなりません。

第13条(本サービスの提供の停止・解散)
本クラブは,以下のいずれかの事由があると判断した場合,会員に事前に通知することなく本サービスの一部の提供を停止または中断することができるものとします。また、本クラブの定めた方法で3カ月前の予告をすることにより本クラブを解散することができます。
(1)本サービスにかかる施設の保守点検または更新を行う場合
(2)地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となっ た場合
(3)その他,本クラブが本サービスの提供が困難と判断した場合
本クラブは、本サービスの提供の停止または中断により,会員または第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第14条(利用制限および登録抹消)
本クラブは、以下の場合には,事前の通知なく,本会員に対して,本サービスの全部もしくは 一部の利用を制限し,または本会員としての登録を抹消(除名)することができるものとします。 (1)本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2)会員登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
(3)その他,本クラブが本サービスの利用を適当でないと判断した場合
本クラブは本条に基づき本クラブが行った利用制限・登録抹消により当該会員に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第15条(免責事項)
本クラブの債務不履行責任は、本クラブの故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。 本クラブは,本サービスに関して,会員と他の会員または第三者との間において生じた取引, 連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第16条(サービス内容の変更等)
本クラブは,会員に通知することなく,本サービスの内容を変更し、または本サービスの提供を中止することができるものとし,これによって会員に生じた損害について一切の責任を負いません。

第17条(利用規約の変更)
本クラブは,必要と判断した場合には,本クラブ所定の場所に掲示する方法により会員に通知することで、本規約を変更することができるものとします。また、その効力はすべての会員に適用されます。

第18条(通知または連絡)
本会員と本クラブとの間の通知または連絡は、本クラブの定める方法によって行うものとします。

第19条(営業日および営業時間)
本ジムはは24時間、年中無休を基本とします。但し、やむを得ず施設メンテナンス、工事等により休館する場合があります。
(1) 本クラブは営業時間の改定を行うこちができます。
(2) 前項の改定を行う場合、1ヵ月前に予告するものとする。
(3) パーソナルトレーニングの実地時間は別で定めます。

第20条(権利義務の譲渡の禁止)
本会員は、本クラブの書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

第21条(準拠法・裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。 本サービスに関して紛争が生じた場合には、本クラブの運営会社所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。